« Daz Studioで SSSスキン (UberSurface) | トップページ | 年賀状(2013年) »

2012/10/09

Daz Studio用 UberSurface設定ツール: Facile UberSurface

Aiko3, came back 
↑クリック拡大
[共通] フィギュア: A3 and H3 Shapes for Genesis (Daz) テクスチュア: Aiko4 Anime (Daz)
[左] 衣装・髪・翼: Wild Butterflies, Fairy Hair, Wings(FKDesign/fabiana)
   IBL & 背景: Milkyway (sIBL Archive)
[右] 衣装・小物・髪: Mech Girl for A3, Mitsu Hair(Daz) 影物体: SubDragon (DS4添付)
   IBL & 背景: Shiodome Stairs (sIBL Archive)

いつの間にか A3 and H3 Shapes for Genesis が出ていました。
導入すると Genesis に Aiko3/Hiro3 モーフが加わって、Aiko3/Hiro3 用コスチュームが
使えるようになります(自動変換がうまく行けば・・)。
そこで早速、昔のシーンを Genesis 環境に移植してみたのが上の2例です。

A3 フィギュア用テクスチュアはいまのところ Genesis で使えないため A4 用で代用。
D|S 4.5 になってレンダー処理が効率化されたので、環境光には IBL と AO を使い、
材質には UberSurface 機能を多用。(髪の影受けオフ・異方性反射、翼の透過光、
肌のベルベット・SSS・単一色環境光反射など) 結果、雰囲気が大きく変わります。

しかし、このような移植の際に問題になるのが、「UberSurface の適用」です。

材質が Daz既定材質でチューニングされている場合、それに UberSurface を
普通に適用すると、画像マップ以外はすべて値がリセットされてしまうからです。
また仕上がりを大きく決める光沢の鋭さは、同じ値でも Daz既定材質と UberSurface
では結果が大きく異なるため、広がり具合の調整を再び一からやり直すのは大変です。

この移植作業のために、今回"やっつけ"の変換スクリプトを書きました。
以下のツールは、それに少し手を入れて、動作を汎用化してみたものです。

最初の大雑把な仕様ですので、使い勝手や再現性などについてリクエストがあれば、
できるだけ対応する予定です。


Facile UberSurface, v1.00

 Facile_ubersurface_logo ←クリックでダウンロード(17.4KB)

【使い方】
1) 材質選択
  Surface-Pane または( マウスポインタ = Surface選択ツール の)ビューポートで、
  一つ以上の Surface を選択。(複数選択には [ctrl] または [shift] キーを使用)
2) Facile UberSurface を実行。変換された材質がハイライト表示される。
  ※PC版DS4.5 は、DS 4.5.0.137 までの版で、複数選択の一部が実際には選択されない不具合あり。
     DS 4.5.1.5 以降の版で解決されるとのこと。

主な機能】
1) 任意の複数材質(含shader材質)を UberSurface または UberSurface2(有料) に変更。
2) Uber側に同名(内部名)のプロパティがあれば、マップが継承される。
3) Daz既定材質に適用された場合は、さらに以下の処理が行われる。
 a) バンプ & ディスプレイスメントの最小・最大値の継承。
 b) 光沢度(glossiness) の近似式による変換。
 c) 周囲光(ambient) の色合い・明るさの変換。
 d) 反射(reflection)のモード表現と明度の変換。
  ※ただし環境マップ・モードでは変換結果にグローバルY軸の回転差が生じる。
    必要なら生成した null ノードなどにシーン全体を乗せてシーン側のY軸回転を行う。
4) Undo 可能。

【インストール】
1) コンテント・ライブラリ内の任意の場所に、ダウンロードした zip 書庫中の
  Facile UberSurface フォルダまたはその下の全ファイルをコピー。
   例: My Library/Shader Presets/Facile UberSurface/
2) コンテント・ライブラリからFacile_ubersurface_logoクリック→"Create Custom Action"でカスタム・アクション登録しておくと、
  主メニューの"Scripts"や([F3] = "Customize DS" で登録して)ツールバーなどから使える。

|

« Daz Studioで SSSスキン (UberSurface) | トップページ | 年賀状(2013年) »

コメント

こんにちわ 初めまして DADと申します

貴ブログを参考にさせて頂いております

当方糞ブログで紹介させていただきましたが、御迷惑でしたら削除いたします

今後の更新を期待しております

何卒、良しなに

投稿: DAD | 2012/10/23 12:36

DADさん、どうもです。
私のPCも夏の暑さでやられたのか絶不調で、
少し重いレンダリングだと完遂できずに青画面になったりします。
電源周りかメモリの感じですね。数分温めないと起動できないし(汗
それからSusu-Haraiを使って頂いてありがとうございます。
DS4.5で速度問題が解消したので、現在脱アルファ版に向けて仕様を改定中です。
よろしければご意見・要望など専用掲示板の方に・・・

投稿: おそまき | 2012/10/23 19:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/554431/55838948

この記事へのトラックバック一覧です: Daz Studio用 UberSurface設定ツール: Facile UberSurface:

« Daz Studioで SSSスキン (UberSurface) | トップページ | 年賀状(2013年) »