« モニターのガンマ調整チャート(sRGB: γ= 2.2) | トップページ | Daz Studio 3/4用 IBL補正ツール: UberEnvironment2 IBL Transformer v1.0 »

2010/12/30

DAZ Studio で煤払いレンダリング: Susu-Harai 0.12 アルファ

リアルタイム立体視で静止画を作っていた時(前々記事)、
DAZ Studio(以下 D|S)の色処理がそのまま(2重非線形)なのが、
なぜかとっても「悔しかった」のです。(えこひいき?笑)

で、「なんとかならないかなあ」と思いつつ、それまで避けていた DAZ Script の
下調べに入ってから、早三月。一応「なんとか」ぐらいにはなりました。
初期のアルファ版です。

まずは、使用前(Defaultrenderbutton2印つき) vs 使用後(Susuharai_renderbutton2印つき)の画像比較から、、、

Ghoulfighter_comparison ← クリック拡大

煤が消えて、光の弱い部分が浮かび上がり、
細部の微妙な明暗・色合い変化が復活。
結果、画面が締まって、存在感と速度感が生まれる。

モデル: Ghoul Fighter (Sol Command)
背景画像: HS-2009-25-1 (NASA HST)
光源:
 Uber Environment 2 - Ambient モード 50%白
 スポットライト(前方から) RGB(255, 192, 172) 85%
 ポイントライト(噴射口) RGB(222, 167, 255) 150%×2灯

Susu-Harai 設定: 環境光指定 Uber Env、光の重合明度 0

どうでしょう?凄く印象が変わりますよね。えっ、違いがよくわからない?
(モニター買い替えた方くぁwせdrftgyふじこlp;@)
では、軟弱な素材ですが、こちらはどうでしょうか?

Sayacomparison ← クリック拡大

煤が消えて、立体形状の強い奥行き歪みが解消。
煤に隠れていた顔・体・上衣の微妙な明暗・色彩変化も蘇る。
結果、顔や体の輪郭すら同一には見えない、自然で雰囲気を持った
ポートレートが作成可能に。

モデル:
 Aiko4 (DAZ 3D) + 頭部: Saya (kurohane) + 材質: Isa (DAZ 3D)
 Dejavu Hair (FK Design), V4 Frill Top (Porthos)
光源: 左右2スポットライト 70%白

Susu-Harai設定:
・左光源を環境光に指定
・また、影響変化のある環境光のため、その影響度は
 最高輝度部分がほぼ同じになるように、0.85 に事後調整。
※1 瞳光沢部は透明度マップのため無処理
※2 左光源を環境的に扱うことで、背景的な明るさを保持しながら、
   右主光源の明暗範囲をより広く取ることが可能(自動)
※3 第四世代フィギュアの肌の赤みは Ambient Injection パラメタで変更可
   (モニター差が大きく出る部分なのでここでは既定値のまま)

あと、人体の全身と煤の関係については、次の例がわかりやすいかもしれません。

A3ballerinacomparison ← クリック拡大

モデル:
Aiko 3 (DAZ 3D), Alanis Hair & Brisa Azul (FK Design)
光源: カメラ位置からスポットライト 100%白

Susu-Harai設定: すべて既定値

----------------
ダウンロード(最新版) Download (Susu-Harai_030_fix04_all.zip, 769 KB)

動作確認 WindowsXP/7 + D|S3.1・4.5
インストール方法や使い方は同梱の ReadMe_030.html に。

----
D|S には多様な Shader やアドインがあるため、できるだけ多くの人から
使用感や問題点・要望などを聞きたいです。そのため、専用掲示板を準備しました。
  Susu-Harai 掲示板: http://bbsee.info/susuharai/
待ってても誰も来ないと(きっと)すごく寂しいので、使ってみたら
お気楽に「動いたよ!|動かんわヴォケ!」だけでも書いて行って下さい。

----
思い付く大きな未制作部 (取消線部は解決済み)
1) Shader Materials の煤払い(現在 diffuse色のみを処理。速度問題のため難問)
2) Uber Area Lights (光源物体側ではなく材質側で光源定義)の処理
3) テクスチュア毎に煤払い する|しない をユーザー指定

4) 煤払い済みテクスチュア(D|Sキャッシュ内)の保存と自動利用
5) スポット・レンダリング(DAZ Script で範囲指定を記述可能なら)

|

« モニターのガンマ調整チャート(sRGB: γ= 2.2) | トップページ | Daz Studio 3/4用 IBL補正ツール: UberEnvironment2 IBL Transformer v1.0 »

コメント

早速ダウンロードさせていただきました。
いろいろ試してみたいと思います。(´∀`*)

投稿: とうふ | 2010/12/31 13:59

とうふさん、どうもです。
DAZ Script 駆出しですので、今後とも宜しくご指導ご鞭撻のほどを、、、
でも良くできてますよね<DAZ Script

投稿: osomaki | 2011/01/01 11:17

ダウンロードさせていただきました。ありがとうございます。
以前ガンマ調整の記事を参考にさせていただき、勝手にリンクなども張らせていただいていました。
DSでのリニアワークフローに若干行き詰まりを感じていたところに、このようなスクリプトが登場した事に感激しました。これからいろいろと試したいと思います。

投稿: Kotozone | 2011/01/09 12:11

Kotozoneさん、どうもです。明けまして
リニアワークフロー記事での、このブログ紹介、ありがとうございました。
SHADE版よりDAZ Studio版の方が、使いやすくなっています(ソフト構造の違い)。
ごひいきに(笑)

投稿: osomaki | 2011/01/09 18:52

こんな大きな違いが出るなんて、、前から気になってたのですが自分のテキスチャやライトのセッティングが悪いんだろう、作ったキャラモーフがレンダリングするとなぜか不細工に思えるのもモデリングが悪いんだろうと思ってましたTT

今日煤払いためしてみて違いに愕然としました。 ガンマ調整ってみなさん後で画像を加工してるのかと思ってました。黒いはずの髪の毛がいつも紫に見えてたのもなおったし、本来のテキスチャの色がようやくわかった気がします。 感激ですTT)
これ、無料なのはおかしいと思うっ。(でも嬉しいんですが^^;)

投稿: gonzou | 2012/10/11 19:06

gonzouさん、どうもです。
煤払いするとスッキリしますよね。でもそう感じるかどうかは人によりけりなようです。

例えば、暗闇の中でフラッシュを焚いて人物を写すと、顔とかベッタリするはず。
にもかかわらず D|S でライトなしの状態(=カメラ位置に既定90%白ライト一灯)は、
ビューポートでもレンダー結果でも結構立体感があって、輪郭に濃い陰影が出ます。
すごく便利ですがとっても怪しいですよね(笑)

ところがデッサンとかをやった人とかには、この強い陰影がごく自然な表現に映るようで、
中間階調を落とした濃いタッチが、年代感・汚れ・ゴシック調などの表現に好適な素材と
なっている感があります。
つまり、煤払いしてクリーンになってしまうと、年代感・汚れ・ゴシック調などを出すのは
かなり面倒なことに、、、なのでクリーン化を有料にしてもあまり売れないかも(笑)

投稿: おそまき | 2012/10/13 00:01

はじめまして、
とても興味深いScriptですね、
動作確認 WindowsXP/7 となっていますが、
おそまきさんのScript(これ以外も)はMacでも使えるのでしょうか?
Windowsだけに対応というので泣かされることが多いので、
まず確認させていただきたいのです。

投稿: | 2012/10/31 13:54

私も一番知りたいことの一つなんですが(笑)
すべて DazScript で記述しているので、Macで"作動"します。
ただし"正常"または"快適"に作動するかどうかは疑問です。

1) ダイアログ窓が出る場合にレイアウトが不適切になる可能性。
2) ファイルを扱う場合にそのディスク・パスが同じかどうか。
3) IBL Transformer と Susu-Harai で使用している 3Delightユーティリティ "tdlmake" の起動方法が同じかどうか。
4) Susu-Harai で使用しているエクスプローラに相当する Mac ユーティリティー名や指定方法は?(Susu-Harai.iniで記述)

・・・と、まあそんな感じです。

自分の生活圏には利用できる Mac がないため、機会さえあればテストしてみたいと思いながら
もう二年になりますね。その間、誰一人 Mac のことは言わないので、対応しなくて良いのだろうと・・・(笑)

投稿: おそまき | 2012/10/31 20:46

おそまきさん、ご返事有難うございます、

Susu-Haraiの様にWindowsのユーティリティを使用している場合は
Macで使えないかもしれませんね、

「4) Susu-Harai で使用しているエクスプローラに相当する Mac ユーティリティー」に何を使えばよいのか? 等々、難しそうで、
残念ですが、諦めざるをえないようです。


投稿: | 2012/10/31 21:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/554431/50439672

この記事へのトラックバック一覧です: DAZ Studio で煤払いレンダリング: Susu-Harai 0.12 アルファ:

« モニターのガンマ調整チャート(sRGB: γ= 2.2) | トップページ | Daz Studio 3/4用 IBL補正ツール: UberEnvironment2 IBL Transformer v1.0 »