« DeGamma v1.0: SHADE用 色空間線形化スクリプト | トップページ | スバル・ナカジマ:公開モデル レンダリング »

2010/04/18

カッシーニ(Cassini):公開モデル紹介

気ままにブログのつもりが、ここ3回ほど硬い内容が続いたので、
一つまた絵というか公開モデルの紹介を・・・

Cassini with Huygens  Cassini_with_Huygens 
3Dモデル: NASA-JPL
背景写真: Cassini撮影(2008/07/23)
←クリック拡大

土星探査機(NASA+ESA+ISA)
1997/10/15 打ち上げ
1998 金星の重力を利用した加速(1回目)
1999 金星(2回目)&地球の重力を利用した加速
2000 木星の重力を利用した加速
2004 土星系に到達。不定の周回軌道に入る。
今年、2017年までの探査延長が発表された。

ちなみに、胴体横の大きな金色の円盤は
衛星タイタンの探査装置ホイヘンス(ESA製)。
2004 クリスマスに切り離されタイタンへ向かう。
2005/01/14 タイタン表面にパラシュート落下。
観測使命を達成した。
よって今はもうカッシーニの傍らには居ない・・・

重さ 6 トンもある大型の土星探査機 カッシーニ ですが、
未だ健在で、次々と新たな観測結果と新発見とを
この地球にもたらしてくれてますね。

そのカッシーニの CAD データを、OBJファイルに変換したのが
NASA-JPLサイトにあって、10の部品ブロックに分割された
各 OBJ ファイルを1シーン内に全部読み込むと、
正確なカッシーニ 3D モデルの出来上がり。
(ただし中央部の主要パーツを覆っている断熱布は無し)
本物の形状なのでメッシュも少し重めです。(6t は無いですが・・・笑)

材質は gold, aluminum とか名前は付いていても未定義状態。
なので 3D 塗り絵を存分に楽しむことができます。
(本物の写真が少ないのもこの塗り絵の長所)

Cassini 自身が撮影した膨大な画像アーカイブから背景画像を探したり、
光源や材質を調整しながらレンダリングしていると、
もう気分は完全に土星系へトリップした状態に・・・
輪の無い惑星に住んでるのが寂しくなること、請け合いです。

<カッシーニ関連サイト>
日本語
  http://spacesite.biz/cassini.htm
  http://spacesite.biz/cassini_more1.htm
英語
  http://www.ciclops.org/index.php
  http://saturn.jpl.nasa.gov/index.cfm
  http://www.nasa.gov/mission_pages/cassini/main/index.html
  http://www.esa.int/SPECIALS/Cassini-Huygens/index.html
  http://www.planetary.org/explore/topics/space_missions/cassini_huygens/

|

« DeGamma v1.0: SHADE用 色空間線形化スクリプト | トップページ | スバル・ナカジマ:公開モデル レンダリング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/554431/48117909

この記事へのトラックバック一覧です: カッシーニ(Cassini):公開モデル紹介:

« DeGamma v1.0: SHADE用 色空間線形化スクリプト | トップページ | スバル・ナカジマ:公開モデル レンダリング »